So-net無料ブログ作成
検索選択

秋枯れ肌・・・皮脂膜コントロール [美肌]

気温が低くなり、だんだん乾燥する季節になってきました。

夏の紫外線に受けたダメージと重なり、お肌のカサつきやシミ、しわ、たるみが気になる方も多いのでは?

今日はそんな季節から肌を守る方法について

 

お肌を守る皮脂膜

皮膚の表面は汗腺や皮脂腺から分泌される皮脂膜で保護されています。

皮脂膜は水分の蒸発を抑え、外部からの細菌の進入を防いでいます。

身体をゴシゴシを強く洗ってしまうとこの皮脂膜を失ってしまい、お肌のバリアをなくしてしまい余計にカサつき肌になってしまいます。

 

加齢に伴う分泌低下

年齢とともに皮脂の分泌は少なくなるので、皮脂膜も年齢とともに減少してしまいます。

加齢とともにカサつきやシミ、しわが増える原因です。

とくに女性のほうが男性に比べ皮脂の分泌が少ないため、女性の肌は水分蒸発しやすく、カサつきやしわができやすいのです。

また秋から冬にかけて皮脂や汗の分泌が少なくなり、皮脂膜が不足になりやすく乾燥しやすくなる時期なんです。

だからといって洗わなければ酸化や変質を招いてしまい、お肌にとっては良くありません。古い角質を取り除き、毛穴の汚れをきれいに洗い流したあとのケアが大切です。

 

内からケア

皮脂膜を構成する成分には体内で作れない必須脂肪酸が含まれています。

話題のα-リノレン酸もそのひとつです。コラーゲンの生成を助けて内から肌にハリと潤いを与えて、しわを予防し美肌にしてくれます。秋冬のお肌のため積極的に取り入れたい油です。(摂りすぎには注意!あくまで油ですから^^)

クルミや亜麻仁油、えごま油などに多く含まれています。

 

外からケア

きれいに洗ったお肌はノンバリア状態なのでできるだけ早くケアをします。

まずは化粧水でたっぷり補水します。

補水した肌の水分蒸発を防ぐため、オイルや乳液、クリームなどでバリアをして水分を閉じ込め、潤いを保ちましょう。

男性はこちらの記事をご参照ください。「福山雅治の美顔を保つ洗顔方法」

 

秋冬の肌の潤いをキープするのにいいオイルがアルガンオイル

  フランスのオーガニック100%コスメブランド コディナ【アルガンオイル】




強い生命力を持つあるガンツリーの種子からほんの少ししか採油できない黄金色のアルガンオイル。元はモロッコの南西部に生息し、モロッコの宝石とも呼ばれ、希少なオイルとして古くから使われてきました。

自然になじむアルガンオイルは肌に浸透して細胞間脂質(セラミド)と混ざり、水分蒸発を防ぎ乾燥から守ってくれます。また抗酸化作用の強い天然のビタミンEも多く含んでいるため、シミやしわも防いでくれるので秋冬のお肌のお手入れに最適です。


1,000株以上所有している人

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。