So-net無料ブログ作成
検索選択

身体の疲労から老化は進みます [疲労解消]

スポンサーリンク




身体の痛みや不具合、病気やシミ、しわなどいわゆる老化と思われているものですが、老化とは筋肉の現象による筋力低下が大きな割合を占めています。

人は血液で生かされています。

なので、血液の内容が悪ければだめですし、血液を送るポンプの役割をしている心臓が悪くてもだめ、その通り道の血管が悪くてもだめなんです。要は血流が阻害されることがだめなんです。

今日は血流にスポットを当ててみます。

身体が疲労すると筋肉が縮こまって硬くなります。筋肉が縮こまると体中に張り巡らされている血管が、圧迫されて血液の通り道が狭くなりますし、血圧も上がります。

すると、血液中に流れている痛み成分や疲労物質が圧迫されている部分で滞り易くなります。その痛み成分や疲労物質がレセプター(受け皿)にはまると、脳にここが痛いよとか疲れているよと信号を送ります。

脳がそれを認知すると痛かったり疲れているならその部分を動かすなという指令を送り返します。

すると筋肉が動かしにくくなるので(痛いと動かしたくないですよね)筋肉が余計に縮こまり硬くなります。

とさらに血管を圧迫するという悪循環に入っていきます。

ですのでどこかでこのスパイラルを断ち切らないといけません。

筋疲労→②筋肉拘縮→③血管圧迫→④痛み成分滞る→⑤脳へシグナル認知・指令→⑥筋肉動かしにくくなる→②筋肉拘縮→③→④・・・

私のような治療家は②の筋肉拘縮を手技によって柔らかくし血流をよくすることをしていきます。

でも基本的には筋疲労をしないように、しっかりと筋肉量を増やし、血管を圧迫しないように筋肉を柔らかく保つということが理想です。

フィットネスや運動で筋肉量を増やし、ストレッチマッサージで筋肉の柔軟性を向上させるということです。

しかし、なかなか皆さん忙しいのでその時間を確保できない方が多いですね。

そんな方には筋疲労をさせないサプリメントをご紹介しましょう!

それは以前も記事を書いておりますが、【イミダペプチドソフトカプセル】
です。

 

私はドリンクタイプを利用していますが、毎日1本飲んでいます。よっぽど疲労が強いときは2本飲みますが(苦笑)

私が利用しているサプリメントはトレーニング後のプロテインと代謝を高めるビタミンBとCだけでしたが、イミダペプチドを試したときの「あれ?なんか今日は元気やな^^」というのが忘れられなくて仲間に加わりました。

疲労は免疫力も下げてしまうので、これからインフルエンザの時期にもおすすめです!

詳しくは以前の記事「疲労させない物質」を見てね。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村


スポンサーリンク



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
1,000株以上所有している人

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。