So-net無料ブログ作成
検索選択

ノンレム睡眠で疲労解消 [疲労解消]

スポンサーリンク




健康の維持増進には①栄養②運動③休養の3本柱が大切です。

その中で今日は③の休養について、その中でも睡眠について

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠とがあります。

ノンレム睡眠は深い眠り、レム睡眠は浅い眠りで交互に3~5回ほど繰り返して目覚める。

疲労回復に役立つのは、一般的に深い眠りのノンレム睡眠といわれている。



入眠を突き詰めた新しい寝具の形。人生が変わる睡眠革命をあなたに。


睡眠専門医が開発した かぶって眠る枕 IGLOO(イグルー)



 

ノンレム睡眠の深い眠りの時に、脳から成長ホルモンがたくさん出ており、筋肉や細胞の修復を行ってくれるのです。

成長ホルモンはいくつになっても出てます。

浅い眠りのレム睡眠時は何をしているかというと、記憶の定着や整理を行い、脳の整理をしています。脳のリセットです。夢を見ているときはこのレム睡眠時です。

ノンレム睡眠時には脳は休息しています。なので、ほとんど夢は見ていません。

レム睡眠とノンレム睡眠の波は約90分といわれています。

それが最低3回は繰り返さないと疲労の回復はできません。なので、時間にして約4.5時間の睡眠が必要なのです。

それ以上短いと疲労は蓄積していきます。

床に就き一気に深い眠りに入り、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しながら、レム睡眠のときに目覚めればスッキリと起きられます。

ノンレム睡眠時に起こされてしまうと身体がだるく、ボーっとしてしまいます。

 



【楽天100週1位!!】一度使うと手離せない快眠力!!「王様の抱き枕」 プレゼントにいかがですか。

 

朝スッキリと目覚め、身体が軽く感じる睡眠

睡眠時間は4.5時間以上、できれは6時間以上。

寝る直前にテレビ携帯パソコン等の画面は見ない。風呂やシャワーはしない。コーヒーや緑茶などカフェインをとらない。これらは交感神経優位となり、ノンレム睡眠までに時間がかかる。

睡眠計やスマホの睡眠アプリを使い、レム睡眠時に目覚ましがかかるようにする。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村


スポンサーリンク



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
1,000株以上所有している人

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。